代表ブログ

2018年10月17日 水曜日

小児の脱臼 肘内障! 春日市 県道31号線沿い 徳洲会病院 交通事故 整骨院 


 2歳児のお子さんが腕を全く動かさないので
 
先日、他の医療機関で診察してもらって治療したらしいですが
 
一日経っても腕を動かさないと当院へ来院されました。
 
肘内障(ちゅうないしょう)でした。

 
子供さんが、「手を引っ張った後に動かさなくなった」「おもちゃをつかまなくなった」「腕を痛がり泣いている」

慌てて受診し先生の処置を受けると、あっと言う間に手を動かすようになり泣きやんだ、

という話を聞いたことはないですか??
 
 

 これは肘内障(亜脱きゅう)といい、ひじ関節にある橈骨(とうこつ)という骨の一部が関節か

ら少しずれている状態を表します。ひじの関節は、橈骨と尺骨(しゃっこつ)という骨が靭帯(じんたい)で

固定され安定していますが、一定の方向にひじを引っ張ると橈骨から靭帯がずれて、ひじ関節内へ落ち

込んでしまうことで起こります。

歩行を開始する年齢から5歳までの乳幼児にみられることが多く、
 
橈骨の成長とともに靭帯がずれにくくなるので、学童期に発症することはほぼなくなります。
 
手を痛がり、動かさないため骨折しているのでは、と思うかもしれませんが、
 
肘内障は手が腫れたり、内出血をしたりすることはありません。


 
 肘内障の整復後、関節が元に戻ると痛みがなくなるため、

子どもはすぐ手を動かし始めます。
 
発症後半日以上たっている場合は関節が炎症を起こし痛みを伴い、

動かし始めるのに時間がかかることもあります。


 肘内障は繰り返し起きます。
 
子どもの手や腕をとって持ち上げて遊ぶときには、関節が外れる可能性があると知っておきたいものです。
 
子どもが保護者から離れようとしたとき、無理に手を引っ張らないよう

にしましょう。
 

 


投稿者 にこにこ整骨院

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ

  • 代表ブログ
  • 日の出院ブログ
  • 筑前院ブログ
  • 南庄院ブログ
  • スリールブログ

日の出院
■所在地:
福岡県春日市日の出町6-48
交通案内はこちら
筑前院
■所在地:
福岡県朝倉郡筑前町篠隈349-14
交通案内はこちら
南庄院
■所在地:
福岡県福岡市早良区南庄5-11-15
交通案内はこちら
スリール
■所在地:
福岡県春日市日の出町6-48
交通案内はこちら

お問い合わせ
スマートフォンにも対応しております