南庄院のブログ

2020年6月30日 火曜日

温湿布と冷湿布の違い  南庄 姪浜 整骨院 コロナ対策 産後骨盤矯正



皆さんこんにちはhappy01岩本です!!


最近は皆さんどうお過ごしでしょう???


コロナ予防もありマスクをしたままの外出が増えていると思います。


マスクは熱中症のリスクも高めてしまうので,上手く付き合っていきましょうsign03





さてさて、今日は温湿布と冷湿布の違いを聞かれることが有りましたので


説明しましょうsign03





基本的には症状によって使い分けをしていくのですが、、


温湿布の場合は、肩こり,慢性的な腰痛,筋肉が固まっている感じがするときに使用して下さいsign03

効果は多くの温湿布には唐辛子成分thunderが含まれていて,

それによって皮膚の温度が上昇し,血行促進や代謝が更新することにより

消炎鎮痛を計りますrock



注意点はお風呂に入る前一時間は取るようにしましょう!
お風呂に入る事で体温があがり,唐辛子成分により強い刺激になり
痛みが発生する事がある為ですdanger





一方,冷湿布は,捻挫や打撲、ぎっくり腰や寝違えなどの急性的な症状の時に

使用するようにしましょうsign01

効果はハッカ油などの成分により皮膚の温度が低下し血管を収縮させ

一過性の痛みや炎症を抑え消炎鎮痛を図りますsign03



正直!温湿布と冷湿布で成分の違いなどはありますが

自分に合う湿布でいいとは思います。

つめたいのが気持ちよく感じるのであれば冷湿布で良いし・・・



大体でしたが分かりましたか(笑)??




投稿者 有限会社にこにこ

カレンダー

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ

  • 代表ブログ
  • 日の出院ブログ
  • 南庄院ブログ
  • スリールブログ

日の出院
■所在地:
福岡県春日市日の出町6-48
交通案内はこちら

南庄院
■所在地:
福岡県福岡市早良区南庄5-11-15
交通案内はこちら
スリール
■所在地:
福岡県春日市日の出町6-48
交通案内はこちら

お問い合わせ
スマートフォンにも対応しております